カテゴリ:日々のこと( 27 )



b0219843_0493982.jpg





「あとからくる者のために」
         坂村 真民


あとからくる者のために
苦労をするのだ
我慢をするのだ
田を耕し種を用意しておくのだ

あとからくる者のために
しんみんよお前は
詩を書いておくのだ

あとからくる者のために
山を川を海を
きれいにしておくのだ

あとからくる者のために
みなそれぞれの力を傾けるのだ
あとからあとから続いてくる
あの可愛い者たちのために
未来を受け継ぐ者たちのために
みなそれぞれ
自分で出来る何かをしてゆくのだ





今一度、改めて震災でお亡くなりになられた
本当に多くの同胞の方々に
心から哀悼の意を表します。
[PR]
by fenetre-blog | 2013-03-11 01:18 | 日々のこと
              「たいへんだ!」
              とアキさんが叫びながら階段を駆け上って来た。

b0219843_1301613.jpg
             札幌TXOKO の桉田さんから、小包が届いたのです。



           
b0219843_1333171.jpg
                    ねっちりとした食感。
              歯形をきっちり確認できる厚みのあるサイズ。
              とても素晴らしいショコラに感動しています。

            
              
[PR]
by fenetre-blog | 2013-02-16 13:15 | 日々のこと


ある定休日の午後。




b0219843_21164362.jpg

b0219843_2118110.jpg

b0219843_21184716.jpg

b0219843_21192483.jpg





... デコレーション用の苺は全部先に食べちゃいました
[PR]
by fenetre-blog | 2013-02-04 21:31 | 日々のこと
b0219843_110173.jpg

降りましたね〜  雪。


今日は快晴ですがシャッキリとした空気。
清々しいけれど    しばれる。


身の危険を感じる程の寒さがこうも続くと(オーバーですが極度の寒がりなので...)
自然と北海道弁が口をついて出てきますね。


この小さな島国の中に
多種多様な
その土地の風土や文化に深く根ざした言葉や方言があるって
とっても豊かなことですね。


日常には
常に素朴な感動が詰まっているのだなぁと
ちょこっと心がほっこりしました。
[PR]
by fenetre-blog | 2013-01-29 11:01 | 日々のこと
昨年中お越しいただきましたお客様
そして支えていただいた多くの皆様に心から厚く御礼申し上げます。
これからもフェネトレをご愛顧賜ります様
何卒宜しくお願い致します。



...と、1月に入ってからかなりの時間が経ってしまいましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか。


フェネトレはというと
連日の水道凍結と格闘しながらも
のんびりとした空気の中
恙無く営業をさせていただいております。
本当にありがとうございます。



今年も皆さんにとって
実のりある幸せな1年となります様に。
[PR]
by fenetre-blog | 2013-01-21 12:41 | 日々のこと
伊勢神宮の酸素でいっぱいになった体で、帰りの特急列車に乗り込んだ。二人用の座席に4才のお尻が挟まってぎゅうぎゅうになりながらこっくりし、少しの時間寝た。
大阪に着いたら、さて何を食べようか。アキさんは大阪へのチケットを手配したその日から滞在分、昼夜の食事の予約をせっせとしていた。 
ぺこぺこになったお腹を抱えて駅内を今日もまた迷い歩き、私と息子(H)は目の前に見つけた餃子専門店へ。

地上に出てホテルまでの道のりの'散歩'が気持ちいい。「おかあさん、お散歩たのしいね。」手をつないでいるHが嬉しそうに顔を覗き込む。
「あしたもいっぱいお散歩しようね。」
「そうだね、明日もいっぱいいっぱいお散歩するよ。」他愛のないいつもの会話、今日はなんだか温かく心に響く。ここがいつもと違う場所だからかナア。

b0219843_14491819.jpg



11月7日、晴れ。

ホテルで朝食をとり、京都行きのJRに乗る。時刻を気にしていないが目の前に乗ろうとしている列車がちょうど良く来たからそれに乗った。「いつもタイミングがいいよね。」なんて呑気に身を任せていたが、京都に着いてやっと乗る予定のものと違う事に気が付いた。
11時から京都御所の参観、11時10分前に到着。快速に乗る予定だった。
完全予約制で規則が厳しいため、諦めるしか無い、、、。

b0219843_15161585.jpg
                  広い広い御苑内をとぼとぼ。

「おかあさん、ここでおべんとたべようよー」と後ろからついてくるHの声。御苑内の芝生でお弁当を広げている親子がいる。「うん、でもお弁当持ってきてないから。」私もそうしたい、そう思いながらも歩く足が止まらない。端っこまできたところでようやく足を止め、がっかりした気持ちを整理しきれずベンチに腰掛けた。


     

   やや遠くからHの明るい声が聞こえる。



b0219843_15381629.jpg















大事にしているぬいぐるみの“くまちゃん”を
リュックから慌てて取り出しに来ると女の子に差し出した。
b0219843_15513914.jpg
b0219843_1552496.jpg
b0219843_21171659.jpg
b0219843_15542525.jpg




木漏れ日に当たってキラキラした世界を前に私は乗り間違えて良かった、と心から思った。




しばらく遊んだ後、いい香りに誘われ御苑内にある澄んだお出汁のうどんを一緒に食事し、バイバイした。
地下鉄までの散歩道、「おかあさん!!どんぐりあるよー!」。 「またあった!」。 「ほら!ここにも!!」少し歩いて立ち止まる、そして少し歩いて立ち止まる。
その列に続いてアキさんは植物の種を摘んでいる。「育てて料理に使おうかな。」
京都で過ごす予定はいろいろあったけど、既にどのようになっても良かった。

京都の台所と呼ばれる錦市場では食材を眺めたり道具屋に寄ったり、麩まんじゅうや丹波黒豆にじゃこなんかを食べ歩き清水寺へ観光しに向かう。Hはどんぐりの実で膨らんだポケットを気にしながら大切そうに運んでいた。
一度訪れた場所に再度行くのがいいなあと思っている。
この辺りからHの手をつなごうとすると「おとうさんとつなぐ。」と先を歩くアキさんと一緒に行動する様になった。「おかあさんはあるくのがおそいから。おさきにー」笑顔で走って行き、父と手をつないだり、父の肩から提げる鞄のベルト部分を掴み、鳥の雛のように真後ろをちょこまか付いて行く。時にぶんぶん体を揺らす父に振り回されながらもケタケタおもしろがって笑いながら付いて行く。ときどき母の姿もちゃんとあるか振り返って確認し、アキさんと私の間を走り往復する。Hの後ろ姿を見る事って少なかったナア。大人の私達より細かい歩幅で自分の足に絡まりそうに歩く、小さい後ろ姿を目でずっと追っていた。

b0219843_1211539.jpg
        御所で出逢った美穂子さんからお勧めされたわらび餅のおいしいお店「洛匠」
              庭の池を泳ぐ錦鯉、見事に大きく育っていました!
           その美しい錦鯉を眺めながらお抹茶とわらび餅を仲良く分けて。


上り坂をせっせと歩き、制服姿の学生に混じりながら清水寺から景色を眺めた。
「ここが全部真っ赤になったら私、倒れてしまうかも。」
紅葉の時期には少し早い、いつかその時期にまた家族で来たいね。さっさと降りて行くHの後ろ姿だけを目で追い、また来た道を戻った。太陽も西に隠れる時間になっていた。



b0219843_14312767.jpg




               
                 、、、つづく
[PR]
by fenetre-blog | 2012-11-24 11:05 | 日々のこと
b0219843_12401273.jpg
                 「あと5回寝たら飛行機にのるよ」
                      あと4回、、3回、、、、。 


いよいよ出発当日、快晴となり予定時刻通り空を飛んだ。
あんなにはしゃいでいた息子の顔が離陸直後、スピードと音で真顔になっているのを横の私達は可笑しくて笑った。彼は爆発すると思ったらしい。

大阪に着くともう空は暗く、少々迷い歩いてホテルにやっとこ到着。アキさんは予約したお店へ、私と息子は機内でのおやつにと用意したカシューナッツとチョコレートをテーブルに広げて乾杯した。


大阪研修のきっかけとなったのは、「家族で伊勢参りに行きたいな、なんとなく。」というアキさんの発言からで『なんとなく』は行動に移した方がいいんじゃないか、ということで計画を進めた。私の中ではもう何年も前から温めていた伊勢への想いに心が躍らずにいられなかった。
伊勢までは電車に揺られ2時間半、急カーブが多い細道を荒っぽい運転手のバスで左右に大きく揺られ数分、まずは外宮へ。

b0219843_14312071.jpg
              沢山の巨木に囲まれ持っていた上着を着直す。
               苔も蔦も葉一枚一枚が生き生きしている。
            体の中の酸素が入れ代わる様、大きく何度も深呼吸した。




        丁度お昼時だったので内宮で伊勢うどんと赤福本店で赤福餅をほおばる。
b0219843_13534925.jpg
               皆、健康そうで若いお嬢さんが働いている。
                良い香りのお茶と赤福餅、おいしい。




三年前に新築したほんのり檜の香りのする橋を渡ると
               昔むかしからずっと生きている松の間から日の丸が風にゆれていた。
b0219843_1442393.jpg

b0219843_14405251.jpg

b0219843_14412072.jpg




                    、、、つづく
[PR]
by fenetre-blog | 2012-11-16 15:33 | 日々のこと
b0219843_23554932.jpg




タイトルが何やら大袈裟ですが...

いやはや大変大変ご無沙汰しておりました!
皆様いかがお過ごしでしょうか?



macbookがやっとのことで復旧し、久々のブログ更新です。
何せ機械オンチなもので、原因究明に時間がかかりすぎてしまい
あれよあれよとこのような事態に ...深く反省。


ですが音沙汰の無い間、気にかけてくださった皆様にこの場を借りて御礼を申し上げます。
本当にありがとうございます!


という事で、またのんびりペースでの更新になるかとは思いますが
どうぞこれからもお付き合いの程、宜しくお願い致します☆



ではでは今日はこの辺で。
[PR]
by fenetre-blog | 2012-10-30 00:02 | 日々のこと
昨年の東北地方太平洋沖地震から1年。

ここで今一度、改めて震災でお亡くなりになられた本当に多くの同胞の方々に
心から哀悼の意を表します。

被災され、今も避難所での生活を余儀なくされている皆様、
どんな困難にもめげる事無く、ひたむきに力強く復興に心血を注がれている皆様、
そしてこの瞬間も、私達日本国民の為に身の危険も顧みず
福島の原発構内で決死の覚悟で業務に従事されている名誉ある皆様に
敬意と感謝の念を抱かずにはいられません。

b0219843_14583065.jpg

[PR]
by fenetre-blog | 2012-03-11 03:11 | 日々のこと
b0219843_1418494.jpg
              『Green life』 さんからやって来たアオモジ
                    
             
                蕾の時は料理と一緒にお皿に乗っていた。
             噛むと山椒と柑橘を合わせたような香りがパッと広がる。
                 枝はつまようじの原料なんですって。
                   

          

          

          
[PR]
by fenetre-blog | 2012-02-02 15:24 | 日々のこと